読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あめの音「マイホーム」

マイホームについて様々なことを書いていきたいと思います。

長期優良住宅って得?


f:id:pinsto:20170316131417j:image
 

どうも『ぴんすと』です。

今回は、長期優良住宅は必ずしもお得ということではないことを書いていきたいと思います。。

 

目次

 

長期優良住宅とは?

長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた良好な住宅(国土交通省のホームページより)

 まぁ色々な基準に適合した良い家ってことです。

 

メリット(簡単に)

・住宅ローン控除。限度額4,000万円が5,000万円に。

・不動産所得税。1,200万円控除が1,300万円控除に。

・登録免許税。税率0.15%が0.10%に。

・固定資産税。2分の1に減額、3年が5年に。

・フラット35Sの優遇金利を受けられる。

その他、色々とメリットの多い長期優良住宅です。

リフォームなどでも補助金があります。

 

デメリットとしては(簡単に)

・お金がかかる。

・引き渡しが遅くなる。

・メンテナンスが義務、記録保全も。

「長期にわたり良好な状態で」ということで、持ち主も良好な状態の維持のためメンテナンスが必要です、単純にお金がかかるし、面倒くさい。

でも、住宅は定期的にメンテナンスすることは必須です。これは全ての住宅がです。

 

 

長期優良住宅にしなかった

我が家は、すごく悩みましたが、長期優良住宅にしませんでした。

理由は私にはメリットがあまりない

・住宅ローン控除。

残高の1%が限度だが、元々が2,980万円のため効果なし。

・不動産所得税。

どっちにしてもゼロ円。

・登録免許税。(1度だけ)

・固定資産税。(差は2年間、2回だけ)

上記2つも、元々の物件価格が低いため効果は低い。

ある程度、高価格の物件を買う人が得するように思います。

・フラット35Sの優遇金利。

これは効果が大きい、特に金利Aプランは10年間優遇。

っですが、長期優良住宅以外にもフラット35Sにできる。

 

フラット35Sの条件

  • 省エネルギー性
  • 耐震性
  • バリアフリー性
  • 耐久性、可変性

などに適合していればOK。

実際は、(7)項目あり以下のうちどれか1つ以上の基準に適合する住宅

(1)認定低炭素住宅

(2)住宅事業建築主基準(トップランナー基準)に適合する住宅

(3)一次エネルギー消費量等級5の住宅

(4)性能向上計画認定住宅(建築物省エネ法)

(5)耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)3の住宅

(6)高齢者等配慮対策等級4以上の住宅

(7)長期優良住宅

出典 【フラット35】S(金利Aプラン) (新築住宅・中古住宅共通の基準) 住宅金融支援機構

 

最後に

これは、私個人の意見です。

長期優良住宅はメリットも多く、不動産としての財産価値もあると思います。

日本では、中古住宅より新築住宅が一般的でしたが、これからは中古住宅が流通する時代になるだろうと言われています。

その時、長期優良住宅であるかがポイントになるかもしれません。

 

ですが、私のように安い物件だとメリットは小さく、また、田舎の人気があまり無いような物件だと、売却も困難なため、認定の費用が無駄になるだけと思いました。

 

まとめ

・4,000万円以下の物件

・年収500万円以下

・売却困難な土地

上記の場合は長期優良住宅にするか検討した方がいいかも。(認定費用も確認して)

 

 

ただ、フラット35にするなら必ずフラット35Sの金利Aプランの10年間優遇を受けましょう。

 

 

では、今回はこれで終わりにしたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

「良い家を」